リオペードラ加賀 サッカー@火曜キッズスクール③

なぜ今サッカーの教室に通うキッズ達が増えているのでしょうか?
それにはいくつかの理由があります。

■神経系の発達を促す

人間の神経系統の発達は一般に、8歳から10歳で90%が完成するため、神経系の発達が著しいこの時期に、ボールを使った遊びをたくさんすることがとても大切だと言われています。
子ども達はボールを使った遊びを繰り返すことで、どんどん伸びていきます。
飛んだり跳ねたり走ったり、楽しみながらそれが身に付く練習をしています。

■脳の発達を促す

前頭葉は5歳から10歳の間に盛んに発達するため、この時期に何かを見て、考えて、判断することを習慣づけることが大切だと言われています。
子ども達はボールの動きを予測しながら、自分で判断して次の行動に移ります。
判断力を発揮させるには、周りの大人が急がせないことが大切で、また、正解は一つではないことも忘れてはなりません。

■世界No.1人気スポーツ

子ども達は一人ひとり成長する時期が違います。
身体だけでなく、心、精神面でも『個人差』があります。
つまらなければ、子ども達はすぐ飽きてしまうので、工夫が必要です。
一つの練習時間を短くしたり、途中で変化をつけたり、子ども達がボールに触る回数を増やして、ピッチも調整してゴールが決まりやすくするととても喜んで、楽しさが続きます。
リオペードラキッズスクールでは、神経系に刺激を入れてボール感覚を養い、バランスや反応時間など、動きの感覚をつかめるような運動を行っています。