保護者の声


■ 中川詞文 朝陽 陽仁(しもん あさひ ひなと)のお母様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
勝ちたい大人の駒として動かされるサッカーではなくて、子どもたちが考えて試していけるサッカーができると思いました。
また、その方がサッカーの面白さもより感じるだろうし。色々な面が伸びると思いました。自分で考え、やってみて失敗して…また考えてやってみる…
そういった経験は人生においても大きな力になると思っています。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
●家が遠いので送迎が大変です。土日祝は学年によって時間も異なるため3人の送迎で休みが終わることも…。
家族で出かける時間をとりにくいです。(リオペードラに限ったことではないですが…)
あと、金銭面。夏休みなど合宿、遠征が重なると家計が厳しいです💦

③成長した部分はありますか?
●サッカーの支度はほぼ自分でするので(忘れものも多々ありますが…)その影響もあって学校の持ち物など親が口を出さなくても自分でするようになった。

●悔しい思いをしたり壁にぶち当たる経験もしてきていると思いますが、その度に投げやりになることなく一つ一つ越えて次へ次へとつないできた経験は、
大きな自信となっているのではないかと思います。

●サッカーを通して異年齢の子とも楽しみ、年上の子への憧れ、年下への思いやりの心が育っていると思います。
またチームメイトとも考え合い、協力し合い、時には厳しいことも言い合い、絆が深くなっていると思います。
子どもたちの小さな社会がそこにあってその中で多くのことを学んでいることを感じます。

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
●コーチが失敗しても声を荒げたりすることもなく、冷静に根気よく、時に厳しく見守ってくれている姿に有り難く思っています。そのため、子どもたちも委縮することなく
思い思いのプレーができると思っています。

●メンタルトレーニングでは親が教えられない、もしかすると逆に弱くしてしまうかもしれない精神面のことを勉強させてもらい意欲的にサッカーにむかえていると思います。

●個のプレーを大切にしてくれているのでサッカーに詳しくない私が見ていてもリオのサッカーは面白いです。

●保護者会などないので大人の問題に巻き込まれず子どもがサッカーに専念できる環境もうれしいです。

●親以外の大人の方に長い間子供の成長に寄り添ってもらえることは心強く子どもにとっても色々な価値観に触れられてよいと思います。

 


■ 菅本 竣之 琉之のお父様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
●私自身がサッカーをしていた事もあり、挨拶や言葉使い、そして1番こだわったのが団体行動での生活と何事も自分でやってみる自立をしてもらいたいという思いリオペードラ加賀を選びました。
●サッカーをする中で、人工芝でプレーできる場所がある事もそうですし、プレーを指導者の方が見せてあげる環境があることも選んだ理由の1つです。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
●ボランティアではなく、会社として見ているので、私は問題ありませんが、金銭的に大変とは何度か聞いたことがあります。
●年代によって練習場所時間があまりにも違うと大変な時があります。

③成長した部分はありますか?
●長男は自分の物は自分で用意するようになり、あいさつも自主的にするようになりました。次男は今後に期待しています。

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
●色々な友達が出来て夕食の時に話題がつきません。
●次は海外の友達もつくってくれたらと…。

⑤その他、何かあればお書きください。
●子供の成長を楽しく見守っております。
サッカーだけという枠にとらわれない練習を見ていると自分もしたくなるときがあります。私はサッカーの内容、ルールはほぼわかります。内容、リオペードラの考えは理解していますが、サッカーのルールなどを教えてあげる親への場を作ってあげると見ている親ももっと楽しくなるのではないかな?と思います。
私のヨメはサッカーのルールを全く知りません。今後ともよろしくお願い致します。

 


■ 能登悠、庵、朱里のお父様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
キッズスクールからサッカーをしていますが、子供が楽しそうにサッカーをしている姿を見て、小学生になってもリオでサッカーをしてくれればなと思いました。
サッカーを続けるのか、U12アカデミーに入るのか、スクールに入るのかは、子供に決めさせたかったのですが、迷うことなく『アカデミー!!』という答えでした。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
リオは全てコーチがしてくれるので、親の負担は一切なく、特に大変なこともありません…。

③成長した部分はありますか?
リフティングが全然できなくて泣く、試合で負けて泣くと泣くことが多かったのですが、学年があがるごとに泣く回数も減り逆にたのもしくなっています。
技術面だけではなく精神面も成長しているな!と日々感じます。
これはリオの子供主体という教えによるものと思います。

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
サッカーだけではなく、礼儀などもしっかりしている所は良いと思います。
リオの子は知らない人にでも普通にあいさつしているので、見ていて気持ちいいです。
これは他のチームの子と明らかに違います。
コーチが口出しするのではなく、子供が考え、失敗して学んでいるので確実に身についてます。
そして何より『個』を大切にしてくれるチームなので、子供が楽しそうにサッカーをすることができています。
見ていて親もうれしくなります。

 


■ 表聖太、勇駕、皇成のお母様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
リオペードラの前を何度も通ったことがありますが、どんなに暑い時も寒い時も雨や雪が降っていても遅くまで練習している姿を見て
男の子3人の母としてリオペードラではすごくメンタルを鍛えて頂けるのではないかと思い、子供に勧めてみたことがきっかけです。
週に1回のエンジョイスクールに入会したものの、もっとサッカーの練習がしたい!
うまくなるためにはアカデミーに入るという本人の意思で移行しました。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
アカデミークラスでは練習時間が終わるのが遅いので、次の日眠そうにしていることもありますが、本人の意志で練習後に自主練習を1時間しているので大変ですが応援しています。
みんなのモチベーションが高く、子供達も刺激を受け、努力するようになりました。

③成長した部分はありますか?
サッカーのスケジュールに合わせて自分のしないといけないことを優先づけて行動できるようになってきました。
試合の日には自分でおにぎりを作り、必要なものを自分でそろえて持っていく姿を見て成長を感じます。

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
小さい小学校なのでリオぺードラでお友達がたくさん出来ることを嬉しく思います。
リフティングが何回出来たよ!など目標を話し合ったり、家族でサッカーの話しが出来るようになりました。
兄弟同士で家でも練習している姿を見ると嬉しく思います。
また、クラブチームなので、親の負担が少ないことがとてもありがたく思います。

 


■ 坂上颯、晴、渚のお母様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
●当時小学1年生から入会できるチームが少なく、その中でも施設が充実しており、子どもがサッカーを好きになれるような活動理念に共感したため。
●個人の能力を高めることで、世界で活躍できる選手を育てるというところに魅力を感じた。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
●金銭面(月謝以外にもバス代や各種プログラム参加費と不定期な出費が多く計画がたたない)
●成長を見守ること
子ども達に考えさせすべてを任せる為、「子ども自身の気づきを待つ」ということは時間と忍耐力が必要で大変であった

③成長した部分はありますか?
●サッカーを通じて、色々な人とコミニケーションをとるようになり、多くの影響を受け、自分なりの考えをもって行動するようになった。
その1つが、自主的にトレーニングをするようになった。
自分の弱点を自分なりに分析してやっている

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
●サッカーを好きになり、楽しんで毎日を過ごしている。
サッカー漬けの生活を苦とも思わず頑張っている姿が見れること。
個性を重視してくれ、個人の能力を高めてくれること。
色々な目標や夢を持ちそれに向け努力ができるようになったこと。

 


■ 駒屋碧のお母様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
知り合いに勧められて、小学3年生のときに土曜スクール、ドリブル塾に通い始めました。小学校5年生になる頃息子が「リオでサッカーを真剣にやりたい」と言って来ました。住まいが福井県の為、送迎ができるか不安がありましたが、本人の「やりたい」を叶えてあげたいと思い決断しました。
また、指導者のサッカー理念、素晴らしい環境、そしてアカデミーの選手達の元気な挨拶に魅了されていた私の方が息子のその言葉を待っていたのだと思います。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
大変なことは、考えても思い浮かぶことが全くないです。
それだけ充実していたのだと思います。

③成長した部分はありますか?
サッカーの技術はもちろんのこと、それ以外でも大きく成長できました。
集合時間に間に合うように逆算してバスや電車の時間を調べ、忘れ物なく余裕を持って行動できるようになりました。
また、前向きな思考のままモチベーションを維持し続け、無事高校受験を乗り切れたのは、多感な年齢時に教わったメンタルトレーニングのおかげです。
食生活の改善、PNFCでの柔軟やストレッチでしなやかさを身に付けられたからこそ、大きな怪我なくサッカーができていたのだと実感しています。

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
平日の練習時は送迎バスがあるので安心して通わせることができました。練習が終わった後、リオで作っている新鮮な野菜を購入してその場で食べられることが成長期の息子にとってありがたかったです。
土日などの往復2時間かかる送迎時は社内で学校のことやサッカーのことをあれこれ話してくれる貴重な時間となりました。また、スタッフの皆さんや、チーム保護者の方とは気さくに話ができ時には相談にのっていただけてとてもありがたかったです。そして試合ではワクワクドキドキするプレーに私がずっと楽しませてもらっていました。また、かけがえのない仲間ができたことは息子にとって大きな財産となりました。

⑤その他、何かあればお書きください。
リオでは、「結果にこだわらない、プロセスを重視する」と言われます。小中学生時代にサッカーを通じて失敗を恐れずに挑戦できたこの経験は、今後たくさんの壁が立ちはだかるであろう人生のそれを乗り越える力をつけることができた素晴らしい日々でした。
親子共々感謝の気持ちでいっぱいです。約5年間、本当にありがとうございました。今後ともリオで出会った仲間や、リオの子達の活躍も楽しみにしています。

 


■ 徳田大和のお母様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
きっかけは保育園の頃の巡回指導でサッカーが好きになり、土曜スクールに通い始めたことです。半年程スクールに通っていましたが、もっと上手くなりたいと言い出し、地元の少年団チームとリオのアカデミーで迷っていましたが、リオペードラの指導方針や代表の想いにとても感銘を受け通わせてみたいと思いました。最後は息子が決めました。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
やはり出費の面ですかね…(笑)
遠征が続いた時はそれはもう大変でした。
あとは、送迎時に親の都合でも安易にコンビニに立ち寄らせてもらえなかった事です。(笑)

③成長した部分はありますか?
数えきれない程あるのですが、真っ先に思いついたのは自立の面です。
サッカーに関する事だけではなく、普段の生活や勉強の面でも、何事も親に頼る事なく、常に逆算して行動できる様になりました。

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
高校年代に向けての取り組みが根付いて、とにかくサッカーに対する気持ちを育ててもらえました。
現在も高校で大所帯の部員数の中、切磋琢磨で毎日頑張れるのも、リオでの経験があったからこそだと思います。
自分で考え、自分で行動する事の大切さ、どんな場面に立っても腐らず前向きに頑張れる力を身に付けさせてもらえたのは、リオのおかげだと思います。

⑤その他、何かあればお書きください。
これからも、リオペードラ加賀の益々のご活躍とご発展をお祈り申し上げます。

 


■ 山下竜ノ介のお母様に聞きました

①数ある中から、リオペードラ加賀を選んだ理由、きっかけは?
親による給水や設営などがなく子供達でするというところ。
親戚もリオペードラにいた。
保育園の時にサッカー体験(リオによる)をして本人がサッカー(リオの)が気に入ったから。
他チームにない技術、人間育成力のあるチームなので選びました。

②リオペードラ加賀でサッカーしていて大変なことはありますか?
お金がよくかかりました。
送迎などが疲れました。
応援などに行き負け試合をして落ち込む本人をそっと見守るところ。

③成長した部分はありますか?
サッカーの技術はもちろん、人間として挨拶をはじめ自分で色々できるようになりました。
友達や先輩、後輩を大事にするところ。

④リオペードラ加賀を選んで良かったことは?
すべて放り投げ状態なのに本人がしっかりと成長できた事、感謝です。
たくさんの仲間ができた事、市外や県外など幅広くできました。
親同士も自然と仲良くなれ、たくさん応援ができて楽しかったです。
たくさんの思い出ができました。